炭酸泉とは?

炭酸ガスを含んだ温泉を「炭酸泉」といいます。

日本は、世界でも有数の温泉国ですが、湧き出るお湯が高温のため、炭酸ガスのほとんどが抜けてしまっています。それでも何ヶ所かは低温で炭酸ガスを多く含んだ温泉もあります。

 

大分県の長湯温泉は「ラムネ温泉」とも呼ばれ、知る人ぞ知る炭酸泉の一つ。地元では、炭酸ガスの有用的なはたらきにより、「健康を守る温泉」として親しまれています。

 

 

ヨーロッパでは伝統的な治療法として

炭酸泉が各地で湧き出るヨーロッパでは、その効能により、さまざまな疾患の治療法として、古くから広く利用されてきました。

本場ドイツでは、炭酸泉に関する医学的な研究所が設置されるなど、伝統的な治療法に新たな期待が高まっています。

 

 

炭酸泉の効能

炭酸ガスは皮膚から吸収されやすい性質を持っています。体内に入り血液中の炭酸ガス濃度が高まると、体はより多くの酸素を取り込もうと血管を広げます。

血管が広がれば血圧も下がり、血行がよくなることで、さまざまな疾患に対する改善が期待されています。

ここに注目したのが炭酸泉温浴という古くて新しい健康習慣です。

 

 

 

今、炭酸泉温浴が注目されています!!

体にやさしい温度で、しっかりと温まる

高齢者の方でなくても、熱いお湯での入浴は体に負担がかかります。かといって、ぬるめのお湯ではお風呂に入った気がしないという方には、炭酸泉温浴がピッタリ。炭酸泉温浴は、37〜40℃のぬるめのお湯でも、炭酸ガスが血管に作用し体感温度を高めるため、体の芯からポカポカと温まります。

疲労回復を高め、体がスッキリ

日々、ハードなトレーニングが要求されるアスリートたち。彼らが今、注目しているのが炭酸泉温浴です。

入浴には、もともと心身をリフレッシュする効果がありますが、炭酸泉温浴なら血行促進などによって、さらに効果が期待できます。

潤い肌をつくるアストリンゼン効果

炭酸ガスパックなど化粧品にも利用され、エステティックサロンでも注目の炭酸泉は、お肌を引き締める(アストリンゼン)効果があります。しかも健康な素肌と同じ弱酸性であることも、女性にとってはうれしいニュース。

炭酸ガスのきめ細かな泡が体をいたわるようにつつみ込み、しっとりとした潤いのあるお肌をつくります。

ページトップへ